ハイブリッドタイプ樹脂溶接機 エフディエム N2プラスチックウェルダー|窒素シールドプラスチック溶接機 N2PW


ハイブリッドタイプ 樹脂溶接機 溶接 プラスチック N2 板金 鈑金 やり方 使い方

窒素シールドガスを用いた樹脂補修用ツール


溶接ロッドによる補修と電熱ピンの埋め込みによる補修の双方に対応




メーカー:エフディエム(FDM)

プラスチック溶接ロッド:一覧

プラスチック溶接機:一覧

最大入力電流:3A

出力電流:2-75A

本体サイズ:奥行360x幅220x高さ250mm、重量:14.8kg


ハイブリッドタイプ 樹脂溶接機 溶接 プラスチック N2 板金 鈑金 やり方 使い方


ハイブリッドタイプ樹脂(プラスチック)溶接機の特徴


窒素シールドガスを用いた溶接ロッドによる補修と電熱ピンの埋め込みによる補修の双方に対応するエフディエムの樹脂補修用ツール。


熱風を吹き付けるガスヒーティングトーチと、電熱ピンの埋め込みなどに対応するハイブリッドトーチを装備する。



ハイブリッドタイプ樹脂(プラスチック)の付属品


PP、PE、ABSの溶接ロッド、電熱ピン4タイプ、ハイブリッドトーチの先に取り付けるアタッチメント(一部オプション設定)などを付属。



パネルの紹介と操作方法

  1. 電源に接続してスイッチを入れると②のパワーライトが点灯します。

  2. Aのボタンを押してガス加熱かアイロン機能を選択すると、④または⑤が点灯します。

  3. ボタンを押すことで、③加熱オフ、④ガス、⑤アイロンを順番に選択できます。

  4. ④のガス加熱機能を選択して、ガスの流れが十分であればトーチは加熱されます。

  5. ガスが十分でない時は、①のNO GASが点灯し、⑥のエアーとN2が点滅します。

  6. ガスを選択してから、Bキーを押しすことで⑥のエアーか⑦のN2を選択します。

※入力窒素流量:外部窒素ボンベを接続した場合、溶接には18~22L/分の窒素が必要です。



ハイブリッドタイプ樹脂(プラスチック)溶接機 使用上の注意

  • プラスチック溶接ロッドを溶接加工する時は、耐熱手袋を着用してください。

  • 電熱ピンをセットする前に、スイッチグリップが冷えていることを確認してください。

  • 電熱ピンをスイッチにセットするときは、素手で触らないでください。

  • 可燃物の近くで使用しないでください。

  • 高温になりますので、周囲の人に危険であることを知らせてください。

  • 濡れた手で使用しないでください。

  • 本製品を水に浸けないでください。

  • 濡れた場所では使用しないでください。

  • 作業を中断してその場を離れるときは、スイッチを切り、スイッチグリップの先端が十分に冷えていることを確認してください。

※修理対象物は高温になります。

 溶けたプラスチックによる火傷にご注意ください。






閲覧数:53回0件のコメント